〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:00/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

へバーデン結節

手の指の第一関節が痛くて曲げられない。変形して指の形が変わってしまった。などのへバーデン結節で困っていませんか。当療法の施術を受けてもらえば良くなっていきます。

 

へバーデン結節を良くするにはコツがあります。当療法で、どんどん改善していきます。手の指の第一関節の痛み、関節の変形も良くなります。もちろん指の可動も良くなっていきます。へバーデン結節でお悩みの方、当研究所に御相談ください。

 

年のせいなんかじゃありません。長年の疲労が溜まり体が捻じれているだけです。このページでは、⓵ヘバーデン結節の説明、⓶関連情報及び当研究所の患者さんの③症例を掲載しました。参考にしてください。

へバーデン結節の説明

ヘバーデン結節とは・・・

へバーデン結節とは、手の指の第一関節(最先端の関節)が変形して曲がる疾患をいいます。症状は赤くはれたり、曲げるとき痛みをともなうこともあります。

 

主に示指から小指がなります。変形、痛み、腫れのほかに、水ぶくれになることもあります。

 

変形するので可動が妨げられ指が曲がらなくなることもあります。症状は個人差がかなりあります。ゆっくり症状が進行して痛みのない方や進行が急激で痛みを伴う方など様々です。

 

40歳以上の女性に発生することが多いようで、男性の患者さんはいらっしゃいますが女性の患者さんの方が多いようです。手をよく使う人になりやすいようで、遺伝性はないようです。

 

へバーデン結節の原因について

へバーデン結節の原因は、不明と言われていますが、当療法では疲労が溜まって、筋肉が収縮し、指が捻じれて起きると考えます。指の捻じれを取れば良くなりますが、症状の酷い方は指だけの施術で良くならない方もいらっしゃいます。

 

体全部を良くしないと指の症状が良くならない方もいます。へバーデン結節を良くするにはコツがいります。当研究所に御相談ください。

 

具体的施術法について

他の症状と同じで、体全体の歪みを取ることが大事です。まず背骨の捻じれをとります。それから骨盤の歪みを取っていきます。体の軸の捻じれが取れると、末端も捻じれが取れやすくなります。

 

体の軸の捻じれを取ったら、へバーデン結節の症状のある腕もしっかり施術します。肩、肘、手首の捻じれを取ってその筋肉の緊張もしっかり取ります。これをしっかり取らないと末端にある指の捻じれがしっかり取れません。

 

そして肝心の指ですが、疲労すると指も捻じれます。捻じれていくから指の変形が起きます。指の捻じれを取るように、かつズレを取るように施術していくと段々と症状は改善していきます。曲がった指の第1関節の施術も大事ですが、中手骨、手根骨、手首、前腕の捻じれをしっかり取ることも大事です。それらを丹念に施術していくと曲がった指の第一関節も段々と改善していきます。少し時間が掛かることもありますが、段々と目に見えて正常になっていきます。

 

指が変だなと思ったら早めに来てください。指が酷く変形しないと考えます。変形が酷くなる前に来てもらえば、より早く完全に改善できます。しかしへバーデン結節が酷い状態でも当療法の施術を受けてもらえば段々と正常な元の指に戻っていきます。

関連情報その1

ブシャール結節とは・・・

指の変形性関節症にはへバーデン結節、ブシャール結節があります。ブシャール結節とは、手の指の第2関節にへバーデン結節と同じように症状が起きたものをいいます。ブシャール結節の場合、親指には関節が2つしかないのでできません。

 

それから指の関節症が起きる場合、ブシャ―ル結節単独で発生するものもあれば、へバーデン結節と同時に発生することもある。ブシャール結節の方が第二関節のため指を曲げる時、日常生活に不便が出るケースが多いようです。改善方法としては、へバーデン結節もブシャール結節もほとんど同じです。

 

へバーデン結節の効率のよい取り方いついて

へバーデン結節の捻じれた手の指の関節をそこだけでほぐそうとしても、中々効果が出にくい時があります。そんな時は、他の部位と同時に捻じれを取ると効果的にほどけます。

 

特に背骨と同時にほぐすとか、同側の肩や腕と同時にほぐすとより効果が得られます。効果を得られますが、へバーデン結節の初期段階で来てもらった方が、より早く症状は消えていきます。

関連情報その2

医者に「治らない」と言われた。

あるへバーデン結節の患者さんから聞いた話です。手の指の第一関節が曲げると痛くなったので病院へ行ったら、医者から痛みは「へバーデン結節です」と言われ「へバーデン結節は治らない」と言われた。そんなことは、ありません。へバーデン結節は改善していきます。

 

現に当研究所のへバーデン結節の患者さんで当療法の施術を受け、指が元どおりになった方が沢山いらっしゃいます。中には少し時間が掛かった人がいますが、普通は数回で痛みの無い綺麗な指になっていきます。医者に「治らない」と言われても諦める必要はありません。段々と良くなっていきます。

 

良くなるのに時間が少し掛かる人

沢山のへバーデン結節の患者さんを施術していると症状が早く良くなりにくい人もいます。体の軸である背骨が捻じれ過ぎて、その周りの筋肉がカチカチに緊張している人です。それをほどくのに時間が掛かります。軸が捻じれすぎると体の末端は緩みづらくなります。丹念に根気よくやっていけば体の捻じれは解けていき、体の末端である手の指の症状も良くなっていきます。

 

施術回数は数回までには良くなると考えます。個人により体の良くなる反応が違います。個人により生活環境も違えば、症状の状態も違います。症状の初期段階で来てもらえば確実に早く良くなります。へバーデン結節は良くならないと諦めないでください。症状は疲労による捻じれと考えてください。施術を受けるたびに段々ときれいな指になっていきます。そして痛みなく手の指を使うことができるようになります。

関連情報その3

へバーデン結節にならないためには生活習慣に気を付けてください。

へバーデン結節にならないためには、日ごろの生活習慣にも気を付けてください。

 

・座った時に足を組む。

・床生活で座った時、横座りする。

・姿勢が悪い状態でパソコンをする。など

 

体を歪ませることを若い時からしていると体の軸である背骨が捻じれて、末端である指に症状が出てきてしまいます。どうしても知らず知らずにやってしまう人は体のメンテナンスに心掛けてください。そうすれば年配になってもへバーデン結節は起きません。

症例1:8年前から手の示指が痛い

<症状>

40代女性。8年前から両手の示指の第一関節が痛い。触っても痛い。曲げても痛い。少し変形している。それから右手薬指第二関節が2週間前から痛い。他の手の指の関節も少し節くれて筋肉が硬くなっている。他の症状として肩凝りもある。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

今回で通院2回目です。右手示指の痛みと右手薬指の痛みは無くなりました。変形も大分良くなりました。左手の示指の痛みは少し良くなりました。まだ少し痛みはあります。それから手の指全体の節くれも全体的になくなってきました。肩凝りは無くなりました。

 

<施術者のコメント>

施術的にはへバーデン結節とかブシャール結節を良くするということではなく、手の指全部を柔らかく可動を良くしています。やはり指の関節は硬直範囲が広いと少し時間が掛かりますが、各指の捻じれと硬直を丹念に取っていけば正常な指に段々と戻っていきます。この方もドンドン指が良くなっています。指が痛くなったら早めに来てください。早く症状は良くなります。

症例2:4、5年前から手の示指が痛い

<症状>

40代女性。4、5年前から両手の示指の第一関節が痛い。特に右手の示指を曲げたり、少し強めに触っると痛い。他の指も曲げると強張りがある。見た目少し節くれている。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

施術後、指を曲げても痛みは感じなくなりました。他の手の指を曲げても強張りは感じなくなりました。見た目の節くれも良くなっています。

 

<施術者のコメント>

患者さんの体を検査すると肩周り、肘、手の指の筋肉は硬直に近い状態でした。施術後、大分柔らかくなりました。指のネジレを取りつつ、筋肉を緩めていったところ、示指のへバーデン結節は良くなっていきました。まだ完全じゃありません。もう少し通院してください。へバーデン結節は、そんなに難しい症状じゃありません。悩む必要はありません。当研究所に任せてください。

症例3:ずっと前から手の指の第一関節が変形している

<症状>

50代女性。数年前から手の指の第一関節が硬くて変形している。力を入れすぎると時々痛い時がある。右手は薬指と中指が少し節くれて変形している。左手は薬指が変形している。それから肩凝り首凝りもある。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

施術後、手の指の変形は大分目立たなくなりました。パッと見、変形していたとは見えません。指の各関節の硬さも大分取れました。

 

<施術者のコメント>

へバーデン結節は医者に行くと年だから仕方がないと言われるそうですが、そんなことはありません。当療法を受けてもらえば綺麗な指になっていきます。へバーデン結節は疲労による体のネジレから来ると考えます。

 

捻じれを取ってやれば綺麗に筋肉が柔らかくなっていきます。もちろん痛みがあれば取れていきます。それから指だけで良くしようとしても限界があるようです。体全体を良くしないとドンドン症状は良くなっていきません。

症例4:数年前から手の指が変形している

<症状>

50代女性。数年前からへバーデン結節で手の指が変形している。右手の薬指と中指の第一関節が硬くて節くれた感じで変形している。

 

時々痛い時がある。常に痛いわけではない。左手は人差し指、中指、小指が節くれた感じで変形している。これも常に痛いわけではないが、時々痛みがでる。それから肩凝りや首凝りもある。朝起きた時、足裏が痛い。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

今回で通院3回目です。施術後、右手のへバーデン結節は無くなりました。左手は中指と小指の変形がありましたが、これも目に見えて良くなりました。中指に少し節くれがあるだけです。他の症状は無くなりました。

 

<施術者のコメント>

本人は手の指の変形がみるみるうちに良くなっていくので喜んでおられました。家族に見せると変形が良くなっているので驚いていたそうです。へバーデン結節は、女性の閉経後出ると言われますが、当療法では、これも疲労による体の捻じれで起きると考えます。閉経後、よくへバーデン結節になる人が多いのは、ちょうどその時期に疲労がたまり体の捻じれが酷くなって症状が起きると考えます。疲労による体の捻じれを取ればへバーデン結節は良くなっていきます。

症例5:以前から手の指を曲げると痛い。

<症状>

60代女性。以前から手の指を曲げると痛い。医者に行ったらへバーデン結節と言われた。両手の人差し指、中指小指の第一関節を曲げると痛い。少し変形もしている。他に肩こり首凝りがある。という症状で来所されました。

 

<検査・施術結果>

患者さんの体を検査したところ、背骨がかなり捻じれていて、肩首の筋肉はかなり緊張していました。肝心の手の指もかなり捻じれが入っていてカチカチに緊張していました。患者さんに聞くと「朝起きた時、手がこわばっていて痛みもあるが動きずらい」と言っていました。

 

施術後その場で、指を曲げても痛みはありません。まだ手の指の変形が少し残っています。もう少し通院してください。

 

<施術者のコメント>

へバーデン結節は疲労により手の指の捻じれて起きます。それから体全体も疲労により体が捻じれているはずです。年配になってくると長年の疲労で体が捻じれてきます。まずは体の軸である背骨の捻じれを取って、首や肩の筋肉の緊張もしっかり取ります。それから指の捻じれを取れば、どんどんへバーデン結節は良くなっていきます。年だからへバーデン結節は治らないと諦める必要はありません。

症例6:10年前からへバーデン結節で手の指が痛い。

<症状>

50代女性。10年前からへバーデン結節で手の指が痛い。右手は中指と薬指の第一関節が変形していて、曲げると痛い。左手は示指と中指と小指の第一関節が変形していて曲げると痛い。

 

それから背中の筋肉が凝っている。首や肩の筋肉もかなり凝っている。両膝が曲げづらい。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

今回で通院4回目です。右手のへバーデン結節良くなり、痛みもなく指もきれいな形になりました。左手は大分良くなり、中指と小指に少し変形が残るだけになりました。背中や肩、首の凝りは良くなりました。膝も曲げづらかったのが良くなりました。

 

<施術者のコメント>

この方は初めて当院に来た時、手の指は節くれて関節が太くなっていました。節くれたところは筋肉はかなり緊張していました。その関係か両肩の肩甲骨の周りの筋肉はカチカチに緊張していました。へバーデン結節の方は指だけじゃなく肩や首の筋肉もかなり凝っています。肩や首の筋肉の緊張を取らないと手の指は良くなっていきません。

 

今回の施術で体の筋肉の緊張は大分ほぐれ、見違えるような手の指になってきました。もう少し通院してください。以前の綺麗な手の指になります。この方は病院に行ったとき、へバーデン結節は良くならないと言われたそうです。そんなことはありません。へバーデン結節も体の歪みや歪みから来る筋肉の緊張をしっかり取れば症状は良くなっていきます。

症例7:7年前から手の指が痛い。

<症状>

40代女性。7年前から手の指が痛い。親指以外の手の指の第一関節が変形していて、曲げると痛い。関節は節くれて周りの筋肉が硬くなっている。それから肩凝り首凝りもある。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

今回で通院5回目です。手の指の痛みは無くなったそうです。施術すると手の指の形は綺麗にになるのですが、1週間後に来たときは手の指の節くれは少し戻っていました。それでも通院回数を重ねるごとに段々と節くれは無くなっていきました。

 

<施術者のコメント>

へバーデン結節は当療法で良くなっていきます。患者さんは医者から「へバーデン結節は年だから仕方がない」と言われたそうです。そんなことはありません。へバーデン結節は体の歪みから起きます。歪みを取れば段々と無くなっていきます。

 

へバーデン結節の症状の酷い方は、手の指の施術だけでは良くなりません。肘や肩の施術をしっかりしないと良くなりません。体の中心部が悪いと末端が悪くなるからです。初期の段階で来てもらえば早く良くなります。へバーデン結節は治らないと諦める必要はありません。

症例8:へバーデン結節の指の変形も良くなります。

<症状>

40代女性。左手の人差し指の第一関節が少し膨らんだ形になってしまった。そこを曲げると痛みが出る。他の指の第一関節は少し膨らんだ形になっているが、曲げても痛みは無い。膨らんでいるせいか曲げづらいことはある。他の症状として肩凝り首凝りは酷い。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

今回で通院3回目です。施術後、左手の人差し指の変形と痛みは無くなりました。他の指の第一関節の膨らみは無くなりました。本人は「指は曲げやすくなった」と言っていました。それから、肩凝りや首凝りも無くなったと本人は言っていました。

 

<施術者のコメント>

本人の話では、医者でへバーデン結節は治らないと言われたそうです。しかし、諦めきれずネットでここを探して来たそうです。施術するたびに症状が良くなっていくので内心喜んでいたそうです。

 

へバーデン結節は指のネジレと肘、肩の捻じれもしっかり取らないと良くなっていきますせん。体の筋肉が相当硬くなっている人は、症状が良くなるのに時間が掛かる人がいますが、良くなっていきます。治らないものと諦めずに来てください。

症例9:数日前から手の指の第一関節を曲げると痛い。

<症状>

30代女性。数日前から右手の小指の第一関節を曲げると痛い。左手の薬指の第一関節も曲げると痛い。その関節周りは腫れている。それから体を反らすと腰が痛い。肩凝り、足の浮腫みもある。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

施術後、すべての症状は良くなりました。右手小指と左手の薬指の第一関節を曲げても痛くありません。腰の痛みも無くなりました。肩凝りや足の浮腫みも無くなりました。

 

<施術者のコメント>

患者さんの体を検査すると、背骨がかなり捻じれ体全体の筋肉は緊張していました。特に手の指は捻じれており、症状のある指は腫れていました。これでは曲げると痛いはずです。この患者さんは指を使いすぎてこうなったと言っていました。

 

手の指の痛みは筋肉の緊張を取り、指の捻じれを取っていけばおさまっていきます。医者に行くと「へバーデン結節は治らない」「年だから仕方がない」と言われるそうですが、そんなことはありません。当療法の施術を受けてもらえば症状は段々と良くなっていきます。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分
御予約はお電話でお願いします

052-587-1817
営業時間
10:00~13:00/15:00~20:00
定休日
月曜日、木曜日

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:00
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:00/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日