〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:30/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

肩凝り

当療法は酷い肩凝り、長年の肩凝りを根本から改善していきます。どこに行っても肩がスッキリしない方、当研究所に御相談ください。

 

当研究所の肩凝りの施術は一時的に症状を和らげるというのではなく、根本からその症状を改善していきます。肩凝りを解消するには体のネジレとその周りの筋肉の緊張を取ることです。酷い肩凝り、長年の肩凝りでも、どんどん改善していきます。このページでは肩凝り改善についての説明と肩凝りの関連情報及び肩凝りの当研究所の症例について書きました。参考にしてください。

肩凝り改善について

酷い肩凝りは揉みほぐしても改善していきません

症状が軽い肩凝りは揉みほぐしにより疲労物質を流すことで、一時的に肩凝りは楽になります。肩周りの筋肉の緊張はまだ解けていないので、疲労物質はまた溜まり、また肩凝りとなります。

 

これを取るにはどうしたらよいか。疲労物質が自然に流れていくような体すればよいのです。体は形が大事です。その人の本来の体の形に戻してやれば自然に疲労物質が流れていき肩凝りは改善していきます。当療法では背骨の捻じれと骨盤の歪みを取ることを中心に施術していきます。そうすると体全体の捻じれも取れていき、体が本来の形なっていき疲労が取れる健康な体になっていきます。

 

健康な体の場合、肩凝りは、起きにくいはずです。もみほぐしには限界があります。酷い肩凝りや長年の肩凝りは、いくらもみほぐしても肩凝りはスッキリしません。体を本来の形に戻せば自然と肩凝りは改善していきます。

 

肩凝りの施術について

まず初めに体の軸となる背骨の捻じれを取ります。肩凝りのある方は、背骨がかなり捻じれています。皆さんが考えるより、ずっと捻じれていると考えます。肩凝りがある方の体を触ってみると背骨の捻じれが酷いのが分かります。それに伴い周りの筋肉が緊張して縮こまっています。それに対応すべく背骨の捻じれ取りを行います。体幹の歪みはそのとき、いっしょに修正していきます。

 

次に腕と肩の施術に移ります。肩凝りがある人は腕や肩の筋肉をかなり使っています。腕はかなり内に捻じれていると考えます。腕が捻じれていると胸椎1,2番はビックリする位捻じれて、酷い時は胸椎1,2番の位置がズレています。これを腕の捻じれを取りつつ正常にしていきます。肩というと肩甲骨、鎖骨、上腕からできています。これらをバランスよくして周りの筋肉を解いていきます。

 

それから足と骨盤に移ります。背骨が捻じれ体幹が歪んでいる人は、足も内に捻じれています。足の捻じれを取りつつ骨盤の歪みを調整していきます。体は繋がっています。上半身だけ正常にしてもその場限りになってしまいます。下半身の施術も大事です。

 

最後に首と頭蓋骨の捻じれと周りの筋肉の緊張を取っていきます。そうすると肩への筋肉の引っ張りが少なくなります。このくらいやれば肩凝りは、ほとんど改善しています。いつも肩凝りで悩むことは少なくなります。

関連情報  その1

肩の力が抜けない

時々、肩凝りの患者さんで肩の力が入って、力を抜こうと思っても自分では抜けない人がいらっしゃいます。それは筋肉が緊張しすぎて縮こまり、肩周りの骨格が正常な位置にないから起きます。

 

それは自分ではどうすることもできないと考えます。肩の骨格、周りの筋肉の緊張を少し改善すれば力が抜けるようになります。

 

肩凝りが激しい人は手の指の凝りも関係があります

肩の凝りが激しい人は手の指のネジレも関係があります。手の指の捻じれを取ると結構肩の筋肉の凝りがとれます。手の指も捻じれて筋肉は緊張します。手がいつも冷たい、手の指が朝こわばるのも指の筋肉が緊張しているからです。

 

指のネジレでかたの筋肉の緊張を取りにくくしていることがあります。肩の筋肉の緊張を指の筋肉の捻じれを同時に取るとより肩凝り解消に効果が上がる時があります。

関連情報 その2 

撫肩の人は間違いなく肩は凝っています

以前、患者さんで肩が凝りが酷いということで、十代の女性の方がいらっしゃいました。見るからに撫肩でした。

 

撫肩とは、肩のラインが外に行くにしたがって極端に下がっている肩です。こういう肩の人の腕はかなり内旋しています。腕は疲労すると筋肉が緊張し内旋しますが、撫肩の人は、いつも腕が緊張している状態です。

 

撫肩の人は、普通の肩にすべきです。撫肩の人は肩凝り首凝りが激しいと考えます。この患者さんも少し時間が掛かりましたが、撫肩は大分良くなりました。見た目、普通の肩になりました。撫肩は華奢で女性らしく見えるので、昔は憧れる人もいたそうですが、間違いなく不健康です。

 

巻き肩も間違いなく肩凝りです 

巻き肩は間違いなく肩は凝っています。なぜ巻き肩になるか。背骨がねじれて体幹が歪むからそうなります。体が疲労すると背骨は捻じれます。そうなると巻き肩になっていきます。どうすればよいか。背骨のネジレを取り、肩周りの筋肉の緊張を取ります。それから肩甲骨を下げて内転すれば巻き肩は改善していきます。そんなに難しいことではではありません。

症例1:強烈な肩凝りがある 

<症状>

20代女性。以前から酷い肩凝りが常にある。肩凝りを感じない時がない。時々頭痛もする。今日は頭痛はない。という症状で来所されました。

 

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、患者さんが言うように両肩がかなり凝っていました。特に右肩は酷い状態でした。首の筋肉もかなり凝っていました。普通、肩の筋肉が凝っていれば首の筋肉も凝っています。それから体幹の歪みもかなりありました。それらを取っていったところ、肩凝りは無くなりました。

 

<施術者のコメント>

慢性的な肩凝りの方は、必ず胸椎、頚椎が捻じれています。それから腕もかなり捻じれているはずです。根本的にそれらの骨格を修正していかないと、この持病は続くはずです。

 

もう少し通院して下さい。まだ胸椎、頚椎の捻じれは完全に取れていません。ただ単に肩の筋肉を緩めるだけでは、また肩凝りは戻ってしまいます。本人も承知していらっしゃいました。

症例2:毎日、長時間パソコンしていて肩や首が重い 

<症状>

30代女性。1か月前から肩や首の筋肉がカチカカチに凝って重く感じている。何かにのしかかれているような感じがしてしょうがない。という症状で来所されました。本人は仕事で毎日一日中パソコンをしているそうです。

 

<検査>

患者さんの体を検査したところ、体幹はかなり捻じれが酷く、筋肉も全身硬直状態でした。体は冷たい感じがしました。本人は「息がしにくくなる時がある」と言っていました。体幹が捻じれて周りの筋肉が硬直していると呼吸がしにくくなります。

 

体幹の捻じれを取って周りの筋肉をほぐしてやると、息はしやすくなります。これをそのまま放置しておくと大変なことになります。何を隠そう私もそうでした。夜中、急に息ができなくなり死ぬかと思いました。

 

<施術結果>

施術後、肩や首の筋肉はほぐれ、のしかかれれるようなかな感じは無くなったそうです。「呼吸もしやすくなった」と本人は言っていました。

 

<施術者のコメント>

毎日仕事でパソコを一日中やっている方、このような症状があれば、当研究所来てください。胸周りの筋肉が硬直してくると、その硬直は自然には中々治らないと考えます。この方のように動きの少ないパソコンをする仕事を一日中、しかも長年やっていると、知らず知らずのうちに体が疲労し、それが溜まってこの方のような状態になります。気をつけてください。

症例3:1か月前から首や肩が凝って重い

<症状>

40代女性。1か月前から肩や首の筋肉が緊張していて重い。マッサージ店に行ったがスカッとしない。という症状で来所されました。

 

<検査>

患者さんの体を検査したところ、体全体の筋肉が相当凝っていました。筋肉が硬直に近い状態でした。当療法はこういう方の凝りを得意としています。こういう方の凝りは背骨の捻じれを

しっかり取らないと症状はスッキリしません。ただ筋肉の緊張を取ろうとするやり方には限界があります。

 

<施術結果>

施術後、体中の筋肉の凝りは無くなりました。通院2回目に来所した時は「仕事をしていても以前のように肩が凝らなくなりました」と言っていました。通院2回で終了としました。

 

<施術者のコメント>

マッサジ店に行ってもスカッとしない人は肩凝り首凝りの重症な人です。間違いなく背骨がひどく捻じれている人です。この酷い捻じれは普通のやり方では解けません。コツが要ります。重症な人は重症を良くしてくれるところを探してください。探しきれない時は当研究所に来てください。

症例4:ずっと前から首肩が凝る

<症状>

40代女性。かなり以前から肩が凝っている。首も凝っている。背中も凝って辛い。腰を反らすと痛い。という症状で来所されました。どこに行っても中々良くならなかったそうです。

 

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、体全体が驚く程筋肉が緊張していました。特に首や肩、腰の筋肉はカチカチに緊張していました。背骨、手足の捻じれがかなり酷い状態でした。これでは辛いと思います。この方は通院6回で症状はすべて改善しました。以前のように肩が凝らなくなりました。

 

<施術者のコメント>

このような方は捻じれた骨格の捻じれ返しが必要です。ただ単に筋肉を緩めようとしても骨格を戻すやり方でないと歯が立たないと考えます。それから人により骨格が酷く捻じれやすい人がいます。

 

筋肉がやたらに柔らかく伸びる人です。筋肉が疲労しても中々硬くならない人です。時々このような方がいらっしゃいます。こういう人たちも骨格の捻じれ返しが必要です。

症例5:常に肩が凝っている

<症状>

40代男性。以前から常に肩が凝っている。凝っていない時がない。それから数か月前から鼠頸部が重怠い。腰の筋肉も重い感じがする。という症状で来所されました。

 

<検査・施術結果>

この患者さんの体を検査したところ、体全体の筋肉が緊張していて、緊張していない所がないというような感じでした。どうやったら体がこんな感じになるかというくらい筋肉がカチカチに緊張していました。

 

施術しても最初は筋肉が伸びない縮まないという状態でした。これを解くのに結構な時間が掛かりました。それでもその場で筋肉の硬直は解けました。肩凝りは少し取れました。通院2回目の施術術後、肩凝りは無くなりました。他の症状の鼠頸部が重怠いのも無くなりました。腰の重いのも無くなりました。まだ体の軸のネジレが解消されていないのでもう一回来てもらうことにしました。

 

<施術者のコメント>

体を動かすのに一番重要なのが体の軸です。背骨です。軸が捻じれていると体を動かす時、余計に負担が掛かったりします。ある程度まっすぐにしないと症状が取れても、また戻ることがあります。この方は通院3回目の施術で体の軸がほぼまっすぐになりました。

症例6:数年前から肩凝り首凝りが酷い

<症状>

20代女性。数年前から肩凝り首凝りが酷い。いろいろ整体院や病院に行ったが肩や首がスッキリした感じがない。という症状で来所されました。本人は数年前に交通事故にあったと言っていました。

 

<検査・施術結果>

この患者さんの体を検査したところ、本人の申告どおり肩や首の筋肉は相当緊張していました。首の骨はかなり捻じれていました。特に上部頸椎は極端に捻じれていました。頚椎のネジレを取りつつ周りの筋肉の凝りを取っていったところ、その場で首の凝り、肩凝りは良くなりました。本人は「首肩がスッキリしたのは久しぶりです」と言っていました。

 

<施術者のコメント>

時々、頚椎が酷く捻じれて首凝り肩凝りが酷い人に「交通事故の経験がありますか」と聞くと「ある」という人がいます。この方は事故後、数年たってから肩が凝る、首が凝るようになったそうです。事故以前は肩凝り、首凝りまなかったそうです。頚椎、胸椎が捻じれていると肩や首の筋肉は酷く凝ります。ネジレを取れば簡単に肩凝りは良くなります。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分
御予約はお電話でお願いします

052-587-1817
営業時間
10:00~13:30/15:00~20:00
定休日
月曜日、木曜日

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:30
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:30/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日