〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:00/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

外反母趾

外反母趾で悩んでいませんか。歩くと足の親指が痛いと困っていませんか。親指の痛みも変形も段々と良くなります。

当療法の施術を受けてもらえば、外反母趾もドンドン改善していきます。外反母趾の痛みは、すぐ取れていきます。「く」の字に曲がった親指の形も段々と改善していきます。痛みを我慢していると増々症状は悪化していきます。

 

ついには痛くて歩けなくなる人もいます。外反母趾で困っている方、当研究所に御相談ください。このページでは外反母趾の症状、改善の方法、当研究所の症例について書きました。参考にしてください。

外反母趾の説明

外反母趾とは・・・

足の親指が小指の方に曲がっている状態をいいます。外反母趾の判断基準は親指が小指の方に15度以上曲がったものをいいます。

 

15度未満は生理的範囲以内で外反母趾とは言いませんが、人により15度以下でも痛みを伴う場合があります。

 

外反母趾の症状について

 外反母趾の方は、歩くと足の親指の「く」の字に曲がったところが痛い。そこを触っても痛い。足が疲れやすい。冷えやすい。などの症状があります。足の形としては、爪先が浮き上がって指が反った形になっている。

 

足の親指の付け根が「く」の字に曲がって、小指の方に向いている。など不自然な形になっています。これは足の裏だけでなく、体全体にも少なからず影響を及ぼしてしまいます。早く正常は形にすべきです。

 

外反母趾はどうしてなるか

外反母趾の原因は次のことが挙げられます。

・ハイヒールなど合わない靴を長時間繰り返し履いていた。

・足首や膝などに怪我をし、かばって歩いていた。

・体重が急に増えた。

など。

 

上記原因で体のバランスが崩れ、足の裏のバランスも崩し、足裏に不自然な力が入るようになってしまい段々と外反母趾になっていくと考えます。上記原因に該当しない人もいます。別段何をしたでもなく外反母趾になった人もいます。体のバランスが崩れていて、すでに体が捻じれていて足の親指に自然と力が入ってしまう人です。

 

外反母趾の施術について

1⃣はじめに、体の軸である背骨をまっすぐにします。体の軸をまっすぐにすることと外反母趾はあまり関係がないように思われますが、そんなことはありません。軸がまっすぐでないと末端に影響がでます。体の末端を良くするには、背骨の捻じれをしっかり取る必要があります。

2⃣次に骨盤の歪みを取ります。骨盤の歪みを取るには腸腰筋の緊張を取ります。その時、臀部や腰の筋肉の緊張もしっかり取っていきます。

3⃣そして症状のある足へと施術して行きます。足は股関節、膝関節、足関節の捻じれと周りの筋肉の緊張を取ることが大事です。ここがしっかり取れると足首から下の捻じれも取れやすくなります。

 

4⃣肝心の足首から下の施術のしかたを説明します。外反母趾は足の親指が外反偏位(親指がくの字に外に曲がってしまったこと)しているだけではなく、足首から下の踵骨(かかとのほね)、足根骨、中足骨、趾骨の配列が乱れ崩れています。これを改善していきます。

 

まず足裏のアーチを付けます。足裏アーチを付けると言ってもピーンとこないと思いますが、土踏まずを付くように施術者の手で形を整えます。この場合、形を作って時間を長めに維持します。そうすると足裏の筋肉が硬い人でも段々柔らくなっていきます。

 

 次に足根骨、中足骨、足趾を各指ごとに1本1本捻じれを丁寧に取っていきます。特に症状のある親指の施術が大事です。親指は、疲労すると捻じれて周りの筋肉が硬くなります。それを良くするには、足の親指を内旋して、中足骨、足根骨の位置を正常な位置に戻します。そうすると親指の捻じれと筋肉の緊張は取れていきます。

 

踵も重要です。外反母趾の人は踵は捻じれて硬くなっています。それを正常にしていきます。そして最後にもう一度、前と同じ要領で親指の施術をします。そうすると親指の痛みは軽減、もしくは無くなっているはずです。

症例1:数日前から歩くと足の親指がい痛い

<症状>

30代女性。数日前から歩くと足の親指の付け根が痛い。左右の足の親指が痛い。それから息がしにくい。足が凝っている。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

施術後、歩いた時の足の親指の痛みは無くなりました。足の親指の形も少し良くなりました。本人が言うには、息もしやすくなり、足の凝りも良くなったそうです。

 

<解説>

この患者さんの足裏は扁平足気味で、足の甲及び足裏の筋肉はカチカチに緊張していました。左右の足の親指は小指の方に「く」の字に曲がり見るからに外反母趾の形をしていました。足の親指は捻じれているからこのような形になります。他の指も相当捻じれ、足裏は全体的に歪んでいました。

 

これらを良くするため、指の一本一本を捻じれを取って、足の裏のアーチを付け足裏の形を整えていったところ、外反母趾は良くなっていきました。痛みはすぐの取れました。形は少しづつ良くなっていきます。

症例2:以前から歩くと足の親指がい痛い

<症状>

30代女性。以前から歩くと足の親指の付け根が痛い。形も見るからに外反母趾の形をしている。それから首が痛い。動かすと首が痛くなる。首を前に倒すと目眩がする時がある。という症状で来所されました。

 

<施術結果>

通院1日目の施術後、歩いた時の足の親指の痛みは無くなりました。今回で通院3回目です。施術後、足の親指の痛みは全くありません。足の親指の形も少し良くなりました。首の痛みも無くなりました。肩首の筋肉の緊張も感じられなくなりました。

 

<解説>

この患者さんは体幹が捻じれ、かなり背骨が捻じれていました。見た目少し猫背気味です。足の筋肉は全体手に緊張していました。足首は可動が悪く、足首周りの筋肉は硬直に近い状態でした。足の甲及び足裏の筋肉はカチカチに緊張していました。左右の足の親指は結構酷く小指の方に「く」の字に曲がっていました。

 

施術は、足全体の捻じれを取って、足の指一本一本捻じれを取っていきました。特に親指の足根骨、中足骨、趾骨の捻じれ、周りの筋肉の緊張を取っていったところ、歩いての痛みはすぐに無くなりました。親指の形は施術するたびに良くなっていきました。外反母趾で痛いのはすぐ取れますが、形を良くするのには少し時間が掛かりますが、段々と良くなっていきます。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分
御予約はお電話でお願いします

052-587-1817
営業時間
10:00~13:00/15:00~20:00
定休日
月曜日、木曜日

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:00
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:00/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日