〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:30/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

オスグッド

当療法は、オスグッド病改善を得意としています。短期間で改善してます。オスグッドは悩む症状ではありません。

こちらのページではオスグッド病についての説明と関連情報及び当研究所の症例を掲載します。オスグッドは疲労による膝の捻じれから起きます。捻じれを取れば痛みは解消します。オスグッドで悩む必要は全くありません。オスグッド病で悩んでいる方当研究所に御相談ください。

オスグッドの説明

オスグッド病の症状について

 オスグッドは足の使い過ぎで筋肉が疲労し、足の筋肉が緊張ないし硬直を起こります。膝関節を動かすとき膝の皿のすぐ下付近に痛みがでたり、そこを触ると痛みがでる症状をいいます。

 また膝の皿の下がボコッと突起が出て、押すと痛かったり、走ったりジャンプしたりすると膝が痛むのが特徴です。

 痛いままスポーツを続けると、さらに痛みが増して症状が悪化していきます。オスグッドは10歳から15歳のスポーツをよくする男子に多く、サッカー、バスケットボール、陸上競技、野球、バレーボールなどの特に足に負担の掛かるスポーツをやる人に多くみられます。

オスグッドの症状の典型的な特徴 

オスグッドの症状は次のような特徴があります。

①膝を曲げると痛い。

⓶膝の皿のすぐ下のところに隆起ができる。そこを触ると痛い。

③膝が痛くて正座ができない。

④ジャンプしたり強い圧力が膝にかかると膝が痛い。

⑤長時間走ると膝が痛くなる。

⑥スポーツをした後、膝が痛くなる。

上記症状に心当たりありませんか。オスグッドの可能性が大きいと考えます。当療法の施術を受けてもらえば短期間でオスグッドは改善されていきます。シップやサポータをしても痛みはは止められません。膝の捻じれを取れば解消します。 

オスグッドの原因について

オスグッド病の直接的原因は、先ほど少し書きましたが、筋肉の疲労による膝関節の捻じれと周りの筋肉の緊張ないし硬直です。膝関節の捻じれを取って周りの筋肉を緩ませてやればオスグッドは改善していきます。

  症状が酷い人は膝だけで症状が良くならない人がいます。体のバランスが悪い人です。骨盤が歪んでいたり、腰椎の捻じれがきつかったりして、運動すると膝に負担が掛かるようなバランスになっている方です。この体の歪みも改善しないとオスグッドの症状が残ったり、一時的に症状が改善しても再発したりします。オスグッドでも症状の改善が悪い人は体全体の歪みを取ればオスグッドは解消します。

オスグッドの施術について

まず、体の軸である背骨をまっすぐにします。オスグッドは膝の症状で、体の軸をまっすぐにすることとあまり関係ない思われますが、そうではありません。体の軸がズレていると、末端の部位はさらに大きくズレていきます。体の軸の捻じれ取りは大きな意味を持ちます。

 次に骨盤の歪みを取りをします。そのとき臀部や腰の筋肉も緩めます。足に繫がるこの部分も正常でないと足は捻じれます。

そして症状のある足へと施術していきます。オスグッドは膝の症状ですが、股関節、足関節の捻じれも大いに関係があります。膝関節に一番近い関節が捻じれていると膝関節も影響がでます。股関節、足関節の捻じれをしっかり取り、股関節、足関節周りの筋肉の緊張を取っていきます。ここの筋肉の緊張が取れないと膝関節周りの筋肉の緊張は上手く取れません。

③最後に膝関節の施術を行います。他の関節と同様に関節のネジレと周りの筋肉の緊張を取っていきます。膝関節は疲労すると内に捻じれます。足の構造上、疲労が溜まってくると筋肉は緊張し内旋していきます。それを改善するために膝関節を外旋して捻じれ返しします。そうすると周りの筋肉は緩まっていき膝関節は正常になっていきます。症状が良くなる早さは個人差がありますが、多くても通院数回程度です。

関連情報その1

体の軸が捻じれている人はオスグッドになりやすい

 沢山のオスグッドの患者さんを施術していると分かるのですが、足を使い過ぎて疲労が足に溜まっている人はオスグッドになりやすいことは間違いありませんが、体幹が歪んでいる人、体の軸が極端に捻じれている人もオスグッドになりやすいようです。

 特に骨盤が歪んでいる人、腰椎が捻じれている人は体の軸が捻じれている人であり、足もかなり捻じれています。激しく運動すれば余計に膝に負担が掛かり、オスグッドになりやすいと考えます。

 それから、施術をして一旦症状が良くなっても、すぐ症状が戻る人がいます。そういう人は背骨が相当捻じれている人です。背骨の捻じれをしっかり取れば戻りません。当療法は背骨の捻じれ取りを得意としています。お任せください。

膝の痛みが消えても骨盤がまだ歪んでいたりすると戻りやすい

骨盤が歪んでいたり、腰椎の捻じれが激しい人は、それをしっかり取らない限り、膝の症状は戻りやすい。当研究所の患者さんで、オスグットの痛みが取れたのですが、背骨の捻じれ、骨盤の歪みが激しいかったので、また痛みが戻ってしまうケースが多々ありました。体のネジレが改善できた時点で痛みは無くなりました。痛みは戻らなくなりました。体のネジレをしっかり取らないと戻るケースがあります。

 そのような患者が数名いらっしゃいました。不思議と夜、うつ伏せで寝ている方ばかりでした。うつ伏せで寝ると背骨は捻じれます。その捻じれを取るのに少し時間が掛かります。

 

日常の生活習慣も関係があります

 前項で書きましたが、体幹が捻じれている人、体の軸が捻じれている人はオスグッドになりやすのですが、日頃の生活習慣で体幹がねじれたり、体の軸が捻じれることがあります。もし次のような習慣があれば止めてください。オスグッドの患者さんを沢山施術しているとよく分かります。

・うつ伏せで寝る

 毎晩うつ伏せで毎日睡眠をとると背骨は捻じれます。うつ伏せで寝るということは首を右か左に倒して寝ます。そうしないと口や鼻がふさがり息がしずらいので、首を右か左に倒します。毎日同じように睡眠を取ると、背骨は捻じれ周りの筋肉は硬くなります。そうすると膝にも影響が出てきます。

・椅子に座った時に足を組む

 腰かけたとき足を組むということは骨盤を歪ませます。そうすると体幹が歪み膝関節に大きな負担が掛かり膝に痛みを起こす要因となります。

・片足を立てて座った姿勢でスマホを長時間行う

 前項と同じで骨盤を歪ませます。そうすると膝関節は捻じれ動いたり、運動する時に膝に大きな負担が掛かります。

・腰を丸める癖がある。姿勢が悪い。

 座ったりする時いつも腰を丸める癖がある。常に姿勢が悪い人です。猫背など姿勢が悪いと膝に負担が来やすくなります。姿勢は大事です。スポーツを一生懸命するな姿勢に気をつけてください。

 

関連情報その2

膝が痛いまま我慢して運動しないで下さい

膝が痛いまま運動すると増々筋肉は緊張し、膝周りの筋肉は硬くなっていきます。筋肉が硬直すると硬直を改善するのに硬直になった分、少し時間がかかります。

 それから膝が痛いとその痛みで無意識にその痛みをかばった動きになります。そうすると片足だけオスグッドだった方は反対の足もオスグッドなってしまうこともあります。そんなお子さんを沢山見てきました。膝に痛みがあったらしっかり改善してください。

オスグッドは成長期のお子さんが全員なりません

オスグッドは「成長痛」と言われることもありますが、成長期のお子さんがすべてオスグッドになるわけではありません。お医者さんに「オスグッドは成人になれば良くなる」と言われた患者さんがいましたが、成人になるまでは時間が掛かり過ぎです。改善したことになりません。それにこの時期はスポーツする一番大切な時期でもあり、無駄になってしまいます。成長する時期でも、体のバランスが良い人は痛みはありません。体が捻じれて膝に負担が掛かるからオスグッドになります。それを改善すればオスグッドになりません。

症例1:サッカーで膝が痛くなった

<症状>

10代男性。学校でサッカー部に入っている。数週間前から膝を深く曲げると痛い。長時間走っても両膝が痛くなる。それから普通に歩いても足の裏が痛くなる。という症状で来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査すると、足裏の筋肉がカチカチに緊張していました。特に踵を含む足首の周りの筋肉が硬直していました。肝心の膝周りの筋肉もかなり筋肉が緊張していました。施術後、膝の痛みは改善されました。足の裏の痛みも感じなくなったそうです。

<施術者のコメント>

オスグッドは、運動のし過ぎて疲労が溜まり、足の筋肉が緊張し、膝関節が捻じれてしまって起きることが多いようです。オスグッドを改善するには、足の筋肉の緊張を取ります。それから膝関節の捻じれも取っていきます。そうすると痛みは起きなくなります。オスグッドはそんなに難しい症状ではありません。当療法を受けてもらえば痛みは短期間で改善されていきます。

症例2:バスケットボールで膝が痛くなってしまった

<症状>

10代男性。バスケットボール部所属。毎日きつい練習をしているそうです。3年前から膝を曲げたり、立って体重を片足に掛けると膝が痛くなる。膝の皿のすぐ下を触るも痛い。痛みを我慢してバスケットをしていたが、半年前くらいからふくらはぎの内側もを軽く触っただけでも痛むようになった。それから、立って股割りの恰好をするとふくらはぎの内側が痛い。という症状になってしまった。痛みに我慢しきれず当研究所を探し来所されたそうです。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、体幹がかなり捻じれていていました。膝周り足首周りの筋肉は、かなり緊張していました。足の筋肉の緊張を解くのに時間が掛かりましたが、施術後その場ですべての症状は改善されました。膝を曲げても体重を片足に掛けても痛みは感じなくなりました。股割してもふくらはぎの内側の痛みは感じなくなりました。

<施術者のコメント>

この方のようにオスグッドとシンスプリントの症状のある患者さんは偶にいらっしゃいます。足の状態からみると重症です。足が痛くなったら痛みを我慢せず、すぐに来てください。状態が悪いと痛みが改善するのに数回掛かってしまう時があります。まだ体の歪み完全に良くなっていません。もう少し通院してください。

症例3:陸上の練習をしていたら膝が痛くなってしまった

<症状>

10代男性。陸上部所属。数か月前から膝が痛い。少し走るだけで右膝に痛みが出る。右膝の皿のすぐ下を軽く触るだけで痛い。右膝を少し曲げるだけでも痛い。医者に行ったら「オスグッド病です」と言われた。数か月たってもなかなか痛みが改善されないので、当研究所に来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、体幹がかなり捻じれて、足腰の筋肉もかなり緊張していました。右膝から下の筋肉にところどころ硬直がみらえました。体幹の捻じれ、足腰の筋肉の緊張や硬直を取っていったところ、その場でオスグッドの痛みは改善されました。膝を深く曲げても、膝下を触っても痛みは感じなくなりました。

<施術者のコメント>

オスグッドの症状は、10代のスポーツ選手に多く見られます。練習のやりすぎで起きることが多いようです。足の捻じれ、足の筋肉の緊張を取っていけばオスグッドは改善していきます。状態が酷いオスグッドでも当療法の施術を受けてもらえばドンドン改善していきます。痛みがなくなるのに、そんなに時間は掛かりません。

症例4:テニスの練習をしていたら膝が痛くなってしまった

<症状>

10代男性。テニスクラブ所属。5、6年前からテニスクラブ部で激しいテニスの練習をしている。半年前から両膝が痛くなってしまった。膝の皿の下を軽く触るだけでも痛い。膝を少し曲げても痛い。

 医者に行ったら「オスグッド病です」と言われた。中々オスグッドの症状が改善しないので、オスグッドを解消してくれるところはないかインターネットで検索したところ、ここのホームページを探しここに来たそうです。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、体幹がかなり歪んでいました。テニスは、片手でラケットを握り体を動かすことが多いと思います。片手ばかり使っているので、体のバランスが悪くなり、体幹が酷く歪んできたと考えます。ちなみにテニスをやっている方が結構患者さんで来ていらっしゃいますが、他のスポーツの人と比べて体幹の捻じれが酷い人が多いようです。膝の捻じれ、体幹の捻じれを取っていったところ、通院2回でオスグッドの痛みは無くなりました。

<施術者のコメント>

体の軸が捻じれてくると、膝も捻じれてきます。筋肉が柔らかい時は症状はあまり出ませんが、疲労が溜まってくると筋肉が硬くなり、膝の可動も余計に悪くなります。そして痛みが出ます。長年テニスをしていると、膝に疲労が溜まり膝に症状がでてオスグッドになることが多いようです。激しいスポーツをした後、入念に体をほぐしてください。そうするとオスグッドにはならないはずです。自分で体の筋肉をほぐしきれない時は当研究所に御相談ください。

症例5:2年前から膝が痛い

<症状>

10代女性。学校でバスケット部に入っている。2年前から膝に痛みがある。走っていると左膝が痛くなる。左膝を少し曲げても痛い。左膝の皿の少し下を触ると痛い。医者に行ったら「オスグッド病です」と言わったそうです。医者に通って2年たっても、良くならないので、オスグッドを解消してくれるところはないかインターネットで検索したところ、ここのホームページを探しここに来たそうです。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、かなり体幹が歪んでいました。姿勢も少し悪く、背筋がピンとしていない状態でした。肝心の足はかなり疲労しているためか、足全体の筋肉は相当緊張していました。特に主訴である左膝の周りや足首周りの筋肉は硬直していました。通院数回で膝の痛みは解消されました。走っても膝を曲げても左膝の皿の下を触っても痛みはありません。

<施術者のコメント>

オスグッドは、足の筋肉が緊張ないし硬直すると起きます。筋肉の緊張ないし硬直を解消し膝関節の可動を正常にすればオスグッドの痛みは無くなります。良くなる早さは個人差がありますが、そんなに掛かりません。通院数回というところです。

症例6:1か月前から膝が痛い

<症状>

10代男性。1か月前から走ると右膝が痛くなる。立って右に体重を掛けると右膝が痛くなる。医者に行ったらオスグッドと言われた。1か月たっても中々良くならないのでここをネットで探して来たと言っていました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、体幹が捻じれていて、膝関節もかなり捻じれていました。丹念に体幹の捻じれ、膝関節の捻じれを取っていったところ、通院2回で膝の痛みは無くなりました。走っても体重を掛けても膝の痛みは無くなりました。

<施術者のコメント>

オスグッドの症状を良くすることは、そんなに難しい事ではありません。良くなる早さは、その人の生活環境、症状の状態の度合いに関係がありますが、そんなに時間は掛かりません。症状は酷い人でも通院数回程度です。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みがございましたら、何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分
御予約はお電話でお願いします

052-587-1817
営業時間
10:00~13:30/15:00~20:00
定休日
月曜日、木曜日

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:30
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:30/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日