〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:30/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

顎関節症の症例

 

研究所には、名古屋市内はもちろん名古屋近郊からも沢山の顎関節症の患者さんが来れ、満足して帰られます。このページでは、当研究所の顎関節症の症例(7例)を載せます。参考にしてください。

症例1:口を開けるとき顎が痛い 

<症状>

40代男性。1週間前から口を開けると右顎が痛くなった。20代の頃から時々、顎が痛くなっていた。という症状で来所されました。

<検査・施術結果>

患者さんの体を検査したところ、体がかなり捻じれていて少し姿勢が悪い状態でした。体全体の筋肉は結構緊張していました。それから左右の顎関節の位置はかなりずれていました。首の筋肉はかなり緊張していて、頚椎は酷く捻じれていました。通院2回で口を開けての顎の痛みは無くなりました。

<施術者のコメント>

本人に色々話を聞いたところ「毎晩、うつ伏せで寝ている」と言っていました。うつ伏せで寝ると頸椎が捻じれる原因となります。うつ伏せで寝るのを止めてください。どうしても寝れない場合、寝ないより睡眠をとった方がよいので、うつ伏せで寝てください。しかし、仰向けで寝れるように徐々に体を慣れさせてください。うつ伏せで寝ると背骨の捻じれが酷くなります。うつぶせ寝は顎関節症の起きる要因となります。

 

症例2:口を開けると顎から音がする 

<症状>

10代女性。半年前から口を開けると右顎から音がする。2週間前から、さらに大きな音がするようになってしまった。それから右顎は口を開ける時、周りの筋肉が突っ張るような感じがする。口を開ける時、顎先は左に流れていく。首の筋肉はかなり凝っている。という症状で来所されました。

<検査>

患者さんの体を検査したところ、体幹がかなり捻じれていて、全身の筋肉がかなり緊張していました。特に首や肩の筋肉は、カチカチに緊張していました。頚椎や頭蓋骨も、かなり捻じれがありました。

<施術結果>

通院4回で顎関節症の症状は無くなりました。顎の音は口を開けてもしなくなりました。口を開けても顎先は左に流れなくなりました。

<施術者のコメント>

顎関節症を改善するには、ポイントがあります。まず頚椎の捻じれを取って、首の筋肉の緊張を取ることです。それから顎関節の左右の位置をできるだけ合わせることです。そうすると顎関節症は、段々と改善していきます。口を開けた時、顎が左右に流れるのも改善します。

 しかし、顎関節症の施術は奥が深いです。上記のやり方で改善できないときは、さらに骨格の歪みの修正範囲を広げていきます。原因が複合している人もいます。体全体の歪みが原因の人もいます。そんな人は少し時間が掛かりますが、施術を受けてもらえば症状は段々と改善していきます。  

症例3:口を開けるとき顎にロックが掛かる 

<症状>

20代女性。半年前から口を開ける時、左顎から音がしていた。2週間前にさらに症状は悪化し、口を開けようとすると左顎にロックが掛かり、途中で開けれなくなる。という症状で来所されました。

<検査・施術結果>

患者さんの体を検査したところ、頚椎は酷く捻じれていました。背骨の捻じれも激しく、骨盤も酷く歪んでいました。骨盤の前側が少し狭くなっており、股関節周りの筋肉はかなり緊張していました。それらを取りつつ施術していったところ、通院2回で顎のロックは改善され楽に口が開けれるようになりました。

<施術者のコメント>

顎関節症の原因は、主として首周りの筋肉の緊張と頚椎、頭蓋骨の捻じれです。この患者さんは、それプラス、左鼠頸部の筋肉の緊張でした。左鼠頸部の緊張を取ったところ、顎のロックは無くなりました。時々、症状と離れたところにも原因がある時があります。 

症例4:口を開けると音と顎先が流れる 

<症状>

50代男性。数ヶ月前から口を開けると右顎から「ガクン」と音がする。気になってしょうがない。時間がたっても自然には良くならないので、治してくれそうなところをインターネットで探しここに来たそうです。

<検査・施術結果>

この患者さんの体を検査してみると、口を開ける時、閉じる時に右顎から音がしました。詳しくいうと口を開ける時、いったん顎が右に流れてから途中で左に流れて中心に行く。その途中で右顎から音がする。口を閉じる時、そんなにブレないが音がする。それから、左半身が右側より筋肉が張っていました。顎関節症は、通院数回で改善されました。肩凝りもあったそうですが感じなくなったそうです。

<施術者のコメント>

顎関節症の原因は、直接的には顎関節のズレと周りの筋肉の緊張、それから頸椎の捻じれと首の筋肉の緊張です。この方は直接的な原因のほかに、肩、腕、胸の筋肉の凝りも影響がありました。それらが緊張していると首や顎を引っ張って影響がでます。当研究所では症状の原因を追求し症状を改善させていきます。   

症例5:食事のとき顎が痛い 

<症状>

20代女性。2週間前から口を開けると左顎からジャリジャリ音がする。1週間前から食事する時、物を噛むと右顎が痛い。という症状で来所されました。

<検査・施術結果>

患者さんの体を検査したところ、ビックリするくらい体が歪んでいました。本人も体が歪んでいることは自覚していらっしゃいました。特に頚椎は相当捻じれていて、頭蓋骨もかなり捻じれていました。施術しだし、通院2回目で顎の痛みや顎の音は無くなりました。

<施術者のコメント>

顎関節症は、他の症状が起きる原因と同じく体の歪みから来ます。特に首や頭蓋骨が捻じれると起きます。このネジレが緩和されれば顎関節症は改善されます。症状が出て間もないと早く改善されます。症状が出たら早めにご相談ください。 

症例6:5か月前から顎が痛い 

<症状>

40代男性。5か月前から顎が痛い。口を開けようとすると左顎が痛い。食事する時も顎が痛い。腰を反らすと腰が痛い。大腿の後ろを押すと痛い。首の左側の筋肉を押すと痛い。肩凝り首凝りも酷い。という症状で来所されました。

<検査・施術結果>

患者さんの体を検査したところ、体全体の筋肉がかなり緊張していました。特に首周り、肩周りの筋肉はカチカチに緊張していました。体幹の歪みは相当酷い状態でした。それらを正常にしていったところ、通院2回で顎の痛みは無くなりました。口を開けても、食事しても顎の痛みはでません。それから他の症状も無くなりました。

<施術者のコメント>

この方は1回目の施術後、段々と顎周り首周りの筋肉が緩み翌日には顎の痛みは無くなったそうです。人にもよりますが、施術直後より少し時間がたつと、段々と施術効果が出る人がいます。人それぞれです。

症例7:15年前から口を開けるとガクンと顎から音がする 

<症状>

20代男性。15年前から口を開けるとき顎から音がする。口を開けていくと右の顎、左の顎と「ガクン、ガクン」と音がする。という症状で来所されました。

<検査・施術結果>

患者さんの体を検査したところ、少し猫背気味で体全体の筋肉が緊張していました。それから背骨はかなり捻じれていました。特に頚椎は酷く捻じれていました。それから頭蓋骨もかなり捻じれていました。それに伴い顎関節の左右の位置はかなりずれていました。今回で通院3回目です。顎関節は正常に動くようになりました。顎の音も無くなりました。それでもまだ頚椎が捻じれているので、もう少し来てください。

<施術者のコメント>

長年の顎関節症でも体の歪みを取れば、症状は良くなっていきます。当研究所は顎関節症を得意としています。お任せください。

 

※さらに顎関節症の症例を見たい方はこちらからどうぞ

※顎関節症の参考ページ

 顎関節症の説明

 顎関節症の患者さんの施術後の感想

※顎関節症の他の症例が知りたい方は、当整体研究所の症例ブログを見てください。沢山掲載されています。

 

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

詳細はこちらへ

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

詳細はこちらへ

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分
御予約はお電話でお願いします

052-587-1817
営業時間
10:00~13:30/15:00~20:00
定休日
月曜日、木曜日

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:30
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:30/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日