〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:00/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

腰部脊柱管狭窄症

このページでは①腰椎脊柱管狭窄症の説明②原因と施術法③関連情報について書きます。腰椎脊柱管狭窄症で困っていらっしゃる方、参考にして下さい。

腰椎脊柱管狭窄症の説明

脊柱管とは・・・

脊柱管は背骨に囲まれた管のことを言います。背骨は椎体と呼ばれる骨が重なり合ってできています。その中は空洞状態になっており、その重なり合って連なった部分を脊柱管といいます。その間の中には脊髄が通っており損傷しないように保護しています。

 

腰部脊柱管狭窄症の症状

腰部脊柱管狭窄症とは、何らかの原因で腰椎の脊柱管が狭くなり脊柱管を通っている神経を圧迫し、腰痛や足の痺れなどを起こす病気を言います。初期症状は、腰まわりが重い、違和感があるなど、臀部から足にかけて症状が出ます。

 

長時間歩いたり、立っていたりしていると段々と臀部や足に痺れや重さが感じられるようになります。さらに症状が酷くなると痛みが出たり、ついには歩行が困難になることもあります。それから寝る時、体を丸めると寝やすかったりします。仰向けで足を伸ばして寝ると痛みを伴うこともあります。

 

さらに悪化すると排尿障害を起こすこともあります。歩行時に尿意をもよおしたり、失禁したり、便秘や会陰部に灼熱感を感じることもあります。

 

症状の出方について

狭窄部分が脊柱管の中心部にある場合、両方の足に痺れ、痛みなどの症状が出ますが、狭窄部分の位置により片側のお尻や足に症状が出ることがあります。色々出方があります。 

腰部脊柱管狭窄症の原因と施術法について

原因について

書籍などを読むと時々「脊柱管狭窄症の原因は加齢による骨や靭帯のなどの変性」など書いてあります。原因があいまいに書いてあることが多いと考えます。加齢がどうして原因になるのか、しっかり書いてありません。

 

当療法は、長年の疲労が溜まり筋肉が緊張し背骨が捻じれて起きると考えます。背骨の捻じれから脊柱管が狭くなってしまうと考えます。捻じれを取ってやれば、狭窄は無くなると考えます。

 

それから腰椎脊柱管狭窄症の患者さんの背骨は皆さんが考えている以上に捻じれています。当研究所のこの患者さんの背骨を検査してみると物凄く捻じれていて、背骨の周りの筋肉はところどころ硬直していました。これを解くと段々と症状はおさまっていきました。

 

施術法について

まず、背骨の捻じれを取ります。背骨のネジレをしっかり取ることが一番重要です。ネジレを完全に取れれば背骨の狭窄はなくなり症状も起きません。最初に背骨の捻じれを全体的に取っていきます。

 

次に骨盤の歪みを取ります。骨盤の歪みを取るには足の捻じれもしっかっり取らないと骨盤の捻じれは取れません。それから腕、首、頭も同じように施術していきます。時間は少し掛かりますがだんだんと良くなっていきます。

 

脊柱管狭窄症は背骨の捻じれを取ればよいのですが骨盤の歪み、足、腕、首、頭の捻じれもしっかりとがないと背骨の捻れはしっかり取れません。背骨だけで背骨の捻じれを良くしようとしても無理があります。すべての部位の施術が大事になってきます。

 

改善の目安

腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症の背骨は相当捻じれて周りの筋肉が硬直しています。その分改善するのに時間が掛かります。酷い癖があると思ってください。酷い悪い癖は中々良くならないものです。何回も施術していくうちに良くなっていきます。ですから症状が軽いうちに来てください。初期段階で来てもらえば時間は掛かりません。

腰部脊柱管狭窄症の関連情報

腰部椎間板ヘルニアとの違いについて

腰椎脊柱管狭窄症と腰椎椎間板ヘルニアは同じような場所に原因が発生するので症状をみきわめるうえで比較したいと考えます。

 

①前屈すると症状が和らぐのが腰部狭窄症で、腰部椎間板ヘルニアの場合、前屈すると症状は悪化し痛みが出ます。反対に狭窄症の場合、腰を反らすと症状は悪化します。

 

②腰部脊柱管狭窄症は一般的に高齢者の多く発症しますが、腰部椎間板ヘルニアは、30代、40代が多く発症します。

 

③腰部脊柱管狭窄症は長時間歩行すると足に痛みが出てきますが、安静時には痛みは出てこない。腰部椎間板ヘルニアは安静時には痛みや痺れを感じるのがほとんどです。

などです。どちらも当療法で改善していきますが、他の症状より改善するのに少し時間が掛かります。

 

腰椎変性すべり症

ほとんど腰椎脊柱管狭窄症と同じ症状が出るので少し書いてみます。「すべり症」は腰椎がズレることで脊柱管が狭くなり、中にある神経を圧迫します。症状としては、長い距離を歩くと症状が出ます。立ったり歩いたりするとお尻や太もものところが痛くなります。

 

少ししゃがんでいると楽になっていきます。もちろん当療法で段々と症状は改善されますが、これも少し時間が掛かります。腰椎の4番目に起きやすく、女性に多いようです。

以下のページもご覧ください

施術について

当療法の施術はボキボキ、ゴリゴリというような従来型の施術は使っておりません。優しいソフトな手法ばかりです。

アクセス・当院について

当整体院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:00
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:00/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日