〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:30/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

不眠症

夜、寝つきが悪い。眠っても、すぐに目が覚める。朝早く目が覚めてしまう。など当療法で不眠症は段々と改善していきます。

不眠症は国民の5人に1人が病んでいる言われます。人口の高齢化、ライフスタイルの多様化に伴い生活のリズムが乱れ、それにより不眠症が多くなってきたと言われます。このページでは、不眠症についての説明と関連情報及び当研究所の症例を書きました。不眠症で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

不眠症とは・・・

一般的に不眠症というと、夜に中々寝付けなかったり、夜中何度も目が覚めてしまう、という症状を思われる方が多いと思います。不眠症はそれだけでなく、次の4つタイプに分かれます。

1.入眠障害

不眠症の方で一番多くみられる症状で「夜なかなか寝付けない」「夜、眠りに入ろうとしても目が覚めて眠れない」などの状態のことをいいます。

2.途中覚醒

夜中に何度も目が覚めてしまう。夜中目が覚めて中々寝付けない。などの状態をいいます。

3.早朝覚醒

朝早く目が覚めてしまうなど、予定の時間よりも早く目が覚めて、それから寝れない状態をいいます。

4.熟睡障害

十分睡眠を取っているのに寝た気がしない。昼間眠気に襲わるなどの状態をいいます。あなたは上記の症状に心当たりありませんか。不眠症の治療は薬物治療が一般的ですが、当療法は薬を使わない方法で不眠症を改善していきます。 

不眠症の原因について

不眠症は自律神経が乱れることにより起きます

 自律神経は交感神経と副交感神経があり、睡眠のときは副交感神経が優位に立ち眠気を誘います。体が活発に動いているとき、体の歪みや筋肉の緊張があるとき交感神経が優位の状態になります。この状態だと眠気を誘いません。

 不眠症の方は何らかの原因で自律神経が乱れて不眠症になってしまったと考えます。その乱れの要因としては、悩みごとあったり、気持ちがイライラするなどの精神的なものであったりします。それから、パソコンの仕事をやりすぎ毎日強い光を見過ぎて脳がいつも興奮状態なっているのも考えられます。他に身体的なものが考えられます。

当療法は不眠症を身体的なものを整えることにより良くしていきます。

 当療法では体全体の歪みと筋肉の緊張をとることで自律神経の乱れを整え、不眠症を改善していきます。不眠症を良くしようとする場合、特に首や肩の歪みを整え、筋肉の緊張を取ることが大事です。当研究所には不眠症の患者さんが沢山来られますが、体を検査するとそのように感じます。体が歪んで筋肉が緊張していると、交感神経が優位になっているので睡眠が取りにくい状態になっています。そうすると夜中なかなか寝付けない、夜中に何度も目が覚めるといったことが起きてしまいます。

不眠症の施術について

 まず、体の軸となる背骨の捻じれを取ります。長年施術をしていると分かるのですが不眠症の方の背骨は皆さんが考えるより、相当捻じれています。特に胸椎、頚椎が相当捻じれているのでしっかり取ります。

 それに合わせて、体幹を歪みを取ります。肩周り肋骨周りの骨格の歪みを整え、筋肉の緊張を取ります。その時、腕の捻じれ筋肉の緊張もしっかり取ります。腕の捻じれがあると体幹にも影響が出ます。

 それから、骨盤、下半身の施術をします。下半身の捻じれがあると体幹の捻じれは上手く取れていきません。そして最後に首、頭部の施術をしていきます。不眠症は自律神経に深く関係があります。脳に一番近い頭部、首を最後にしっかり整えます。他の部位と同様に骨格の捻じれや筋肉の緊張を取っていきます。体の形が良くなると内部機能も良くなっていきます。体は正常な機能を果たすようになっていきます。

関連情報その1

不眠症は長年の肩凝り首凝りの方に多い

 不眠症の患者さんは、首や肩の筋肉が、おそろしく緊張しています。まずこれを良くしないと不眠症は改善されていきません。不眠症の方はかなり長期間、肩凝り首凝りがあるはずです。2、3日肩凝りだったので不眠症になったということはまずありえません。積もり積もった肩凝り首凝りが不眠症を起こします。

不眠症を改善するのに少し時間が掛かる時がある

 不眠症の患者さんを施術するとすぐに改善する人もいますが、結構時間が掛かる人もいます。体の捻じれが酷く、筋肉が緊張している人です。筋肉が緊張しているということは交感神経が優位にたってしまうからです。緊張を解けば段々と自律神経は正常になっていきます。不眠症は肉体の直接的な症状ではないので少し時間が掛かる時があります。

関連情報その2

不眠症は年配者に多い

 歳をとっているから不眠症になってもしかたがないということはありません。年配の方でも骨格がしっかりしていれば不眠症になりません。年配者に不眠症が多いのは、長年の疲労が溜まり筋肉が緊張して体の形が悪くなってしまうからと考えます。

 年配の方でも体の形がよければ不眠症になりません。自律神経は乱れ難いと考えます。当療法で骨格を正常して不眠症になりにくい体にしてください。年配の方を施術していると首がかなり捻じれています。頭蓋骨もかなり捻じれて周りの筋肉が硬直しています。それを改善すれば不眠症は起きません。

症例1:寝つきが悪い

<症状>

70代女性。最近、夜眠られない。寝つきが悪い。手足に浮腫みがある。左手の人差し指に力だ入らない。腕を挙げようとすると肩が痛くて挙げれない。便秘気味。座って立ち上がるとき両膝の裏が痛い。頭痛がしている。という症状で来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、全身の筋肉がガチガチ緊張していました。丹念に筋肉の緊張を取っていったところ、施術しだして通院4回ですべての症状は改善され気にならなくなりました。浮腫みは骨格の歪みと筋肉の緊張を取ってやると自然に引いていきました。不眠は特に首周りの筋肉の緊張を起きやすいようです。取ってやると段々と寝つきが改善していきました。

<施術者のコメント>

不眠症は整体療法でも改善されます。年配になってくると朝早く目が覚める。よく寝れないとういうことを耳にします。年配になってくると長年の疲労で若い時より、体の捻じれが目立つようになってきます。このネジレを取ると、体がスッキリしてぐっすり寝れるようになっります。

症例2:眠っても途中で目が覚めてしまいます

<症状>

20代女性。3ヵ月前から肩凝りが酷い。首もかなり凝っている。眠っても、すぐ目が覚めてしまう。1時間ぐらいすると目が覚める。不眠症です。何とかなりませんか。と言って来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査してみると、背中や胸、肩、首、頭の筋肉がパンパンに張っていました。この凝りでは、不眠症になってもおかしくありません。肩や首の凝りが酷いと不眠症になる人が多いようです。施術しだして通院数回で、すべの症状が改善されました。途中で目が覚めることも無くなりました。肩凝り、不眠症は改善されました。

<施術者のコメント>

眠れないということは苦痛です。それに眠れないと増々、首付近の筋肉が張ってきます。酷い人は寝ているとき無意識に色々な所に力だ入っているようです。歯ぎしりする人もいます。悪循環です。不眠症は当療法で段々と改善していきます。体が緊張すると自律神経は乱れやすくなります。自律神経が乱れると不眠症になりやすくなります。まず体が緊張していたらその筋肉を緩めてください。少し改善するのに時間が掛かる人もいます。当療法を受けてもらえば段々と不眠症は良くなっていきます。

症例3:朝早く目が覚めてしまう

<症状>

50代男性。2年前から夜眠って、朝5時ごろ目が覚めてしまう。眠っている時間も少ないのですが、早朝に目が覚めてそれ以降は眠れない。肩凝り首凝りも酷い。という症状で来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査してみると、肩や首、頭の筋肉がパンパンに緊張していました。姿勢も悪く、背中の筋肉ももかなり緊張していました。施術しだして、通院10回位から段々と起きる時間が遅くなっていきました。午前7時くらいに目が覚めるようになりました。睡眠時間も長くなりました。5時間は連続で眠れるようになりました。

<施術者のコメント>

年配になってくると長年の疲労で体が歪み全身の筋肉が凝ってきます。そうすると自律神経が乱れやすく、早朝寝ていたいのに目が覚めるということが起きてしまいます。体の捻じれを取って筋肉の緊張を取れば自律神経も正常になり、そんなことは起きなくなっていきます。早朝目が覚めてしまう人は不眠症です。当研究所に御相談ください。

症例4:夜よく眠れない

<症状>

50代女性。20日前から夜中あまりよく眠れない。頭を急に動かすとめまいがする。下を向くと気分が悪くなる。朝起きると頭がボヤっとする。頭がいつも重い。肩が凝っている。特に右肩の凝りが酷い。正座すると左足が痛い。という症状で来所されました。

<検査>

患者さんの体を検査してみると、全身の筋肉がかなり緊張していました。特に首と肩や首、頭の筋肉が物凄く張っていました。背中も背骨が捻じれていて起立筋がカチカチでした。

<結果>

それらを丹念に取っていったところ、通院4回で少し眠れるようになったそうです。全身の筋肉の張りも大分取れてきました。首の筋肉の張りも大分取れ、首が動かしやすくなったそうです。通院8回目で頭を動かしても、下を向いても目眩がなく、気分が悪くなることも無くなりました。夜も普通に寝れるようになったそうです。正座も痛みなくできるようになりました。

<施術者のコメント>

一般的に目眩、不眠症は首周りや背中周りの極度の緊張で起きることが多いようです。この患者さんもそうでした。首周り、背中周りの筋肉の緊張を取った時点で目眩、不眠は無くなりました。患者さんにこのような状態になる前に何かされたか、質問したところ「仕事が相当忙しく、疲れた状態が続いた」と言っていました。体が資本です。体のメンテナンスに心掛けて下さい。

症例5:以前から寝つきが悪い

<症状>

30代男性。以前から夜、寝つき悪い。常に肩凝り首凝りがある。腰も重いような感じがする。数週間前から両内ももが痺れる。という症状で来所されました。

<検査>

患者さんの体を検査してみると、体中の筋肉が緊張していました。胴体は物凄く捻じれていて歪んでいました。本人の仕事柄、パソコンを一日中しているそうです。休みは、よくゴルフに行くそうです。ゴルフ場に行って、歩くとすぐに足がつるそうです。

<結果>

施術後、腰の重い感じはすぐに取れたのですが足の痺れ、首の筋肉の凝り捻じれは中々取れませんでした。通院7回目で不眠症も大分良くなりました。他の症状は無くなりました。

<施術者のコメント>

不眠症は、肩や首の凝りが酷いとなる人が多いようです。肩凝りや首凝りが酷いと自律神経をが乱れ、不眠症になってしまうことが多いようです。その凝りをなくしてやれば不眠症の方は症状が良くなっていきます。

症例6:2、3か月前から夜、眠っていると途中で目が覚める

<症状>

40代女性。2,3か月前から夜、眠っていると途中で目が覚める。2時間位寝たら目が覚める。他の症状として口を開けると右顎が痛い。花粉症で鼻水が出る。目が痒い。肩凝り首凝りがある。という症状で来所されました。

<検査>

患者さんの体を検査してみると、背骨が相当捻じれており体中の筋肉が硬直していました。ここまで筋肉が硬くなっている人は久しぶりです。それから頭蓋骨もかなり捻じれが入っていました。左右の顎関節の位置がかなりずれていました。

<結果>

施術後、花粉症と顎関節は良くなりました。不眠症は中々良くならず通院9回目で普通に寝れるようになりました。途中で目を覚めることも無くなりました。肩凝りも大分良くなりました。

<施術者のコメント>

この方は体中の筋肉が常に硬直していたから不眠症になってしまったと考えます。体の捻じれを取って本来の体の形に戻し、筋肉の緊張を取れば、自律神経の乱れも正常になり、正常な睡眠が取れるようになると考えます。

症例7:寝付きが悪い。すぐに目が覚める。

<症状>

30代男性。1か月前から不眠症で夜の寝付きが悪い。それから眠れたと思ったら2時間ぐらいで目が覚める。という症状で来所されました。

<施術結果>

今回で通院5回目です。寝付きも良くなり、眠ってから5時間ぐらいは眠れるようになったそうです。

<施術者のコメント>

この方は、体全体の筋肉が物凄く緊張していました。体のネジレも酷い状態でした。不眠症は自律神経の乱れで起きます。本来、眠っている時は副交感神経が優位に立ちます。それが体の筋肉が緊張していると交感神経が優位に立ってしまいます。体の筋肉の緊張を取ることで自律神経の乱れが正常になります。そうすると眠っている時、副交感神経が優位に立ち、眠りやすくなります。不眠症を良くするには、体の筋肉の緊張を取ることが大事です。

 

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分
御予約はお電話でお願いします

052-587-1817
営業時間
10:00~13:30/15:00~20:00
定休日
月曜日、木曜日

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:30
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:30/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日