〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅2-36-10松岡第二ビル301号室
名古屋駅から徒歩5分

052-587-1817

受付時間 10:00~13:30/15:00~20:00

定休日  月曜日、木曜日

ご予約・お問合せはこちら

産後の骨盤矯正

産後、骨盤が歪んでいる方が多くいらっしゃいます。骨盤が歪んでいると、腰が痛い。肩が凝りやすい。膝が痛い。などといった症状が出やすくなってしまいます。骨盤の歪みがある方当研究所に御相談ください。

出産後、ほとんどの方は骨盤が歪んでいます。これをそのままにしておくと、色々なところに慢性的な症状が起きる原因となります。出産後の骨盤矯正は大事です。当研究所は出産後の骨盤矯正を得意としています。矯正というと強い圧力でただすというように感じるかと思いますが、当療法の施術は超ソフトで強い圧力は全く加えません。優しくて施術中、眠ってしまう人もいます。安心してください。

 このページでは産後の骨盤修正についてとその関連情報、当研究所の症例も掲載します。参考にしてください。

産後の骨盤修正の説明

妊娠中から骨盤が歪みやすくなる

 骨盤は妊娠3ヵ月頃から「リラキシン」という女性ホルモンの影響で靭帯が緩み、骨盤が歪みやすくなります。さらに出産でもっと緩み、出産時は骨盤は開やすくなっています。そして出産後、2、3日たつとリラキシンは止まり、緩んでいた靭帯は少しづつ元の硬さに戻ていきます。元の硬さに戻るのに半年から1年掛かります。

 産後のまだもとに体が戻っていない状態で、体を捩じったり、無理な動きをすると骨盤は歪み体全体も歪みます。体が歪んだままだと色々な症状が出やすくなります。そのため、その体のネジレを取り正常にもどさなければなりません。歪んだままだと、腰痛、肩凝りなど慢性症状になるケースがあります。骨盤の修正は必ずやってください。

産後の骨盤修正をしないと色々な症状が起きやすい

 骨盤修正は産後3ヶ月位から始めると良いとされますが、腰が痛い。恥骨が痛い。足が浮腫む。など症状がある場合はすぐに施術を受けてください。産後、骨盤を歪んだままにしておくと骨盤内にある臓器が圧迫され、尿漏れ、便秘、月経不順、坐骨神経痛など起こりやすくなります。 さらに体の歪みが酷くなると先ほど言いました腰痛、肩凝り、首の痛み、不眠症など骨盤外にも症状が起きてきます。自然に骨盤が歪まず体全体が正常に良くなっていく人はごくわずかです。

骨盤矯正の施術について

 まず背骨の捻じれを取り、体幹の歪みを取ります。それから骨盤の歪みを修正していきます。骨盤の歪みを取るには、腸腰筋を緩めること、それから足を施術をしっかり行うとが大事です。足の施術ですが、股関節、膝関節、足関節の捻じれと周りの筋肉の緊張を取ります。そうすると、段々と足は正常になっていきます。

 それから、手や首も頭も足と同様ネジレを取り、その周りの筋肉の緊張を取っていきます。当療法は骨格のネジレ取りを得意としています。施術すれば、どんどんネジレは取れていきます。そしてもう一度、骨盤の歪み、周りの筋肉の緊張を取っていきます。そうすると骨盤は正常な形になっていきます。靭帯がしっかりするまで定期的に骨盤の捻じれ体の捻じれを取る必要があると考えます。

関係情報その1

産後の生活でも骨盤は歪みやすい

 産後すぐは、まだ骨盤がしっかりしていないので開きやすく歪みやすい状態です。その時期に、当然赤ちゃんを世話しなくてはなりません。毎日赤ちゃんを抱くだけで結構体が疲労します。それに授乳、おむつ替えなど、同じ姿勢で体を酷使すると体の筋肉は緊張します。

 そうすると体全体が歪んできます。もちろんそれに伴い骨盤は歪んできます。歪んだ体は疲労しやすい体です。骨格のネジレを取って正常な形にするだけで体は結構楽になります。楽になり活力がわいてきます。当療法で体の捻じれを取ってリフレッシュしてください。

出産及び出産後の生活で体が捻じれてくると・・・

 体の捻じれをそのまま放置して、さらに状態が酷くなると腰痛、恥骨痛、肩凝り、首凝り、不眠症、内臓下垂など症状がでてきます。体型も変わってしまいます。骨盤が開いたままだと骨盤は歪みやすく、お尻や太ももに余分な脂肪がついてしまい、足が太くなったする方が多くいらっしゃいます。

 他にお尻が下がったり、下腹部がポッコリ出たりして体型が崩れてしまう方もいらっしゃいます。そうならないためにも体のメンテナンスが大事です。骨盤の歪みを取って骨盤を正常に保ってください。当療法は体の捻じれ取りを得意としています。施術は超ソフトで痛みは全くありません。遠慮なくご相談ください。

関連情報その2

自分で分かる骨盤の歪みの検査について

 自分では骨盤が歪んでいるかどうか分かりにくいかと思います。その目安として骨盤の歪みの検査が必要になってきます。検査にはいろいろありますが、ここでは簡単に分かる方法をお教えします。

①立って自分の体を鏡で見て、左右の骨盤の高さを見る。左右差があれば、もちろん骨盤は歪んでいます。

②立った時の臍の位置です。体の正中線より大分ずれていれば間違いなく骨盤は歪んでいます。

③O脚、X脚の人です。足が捻じれているということは、間違いなく骨盤も歪んでいます。

④椅子に座っていると、足を組みたくなる。骨盤が歪んでると違和感があり、骨盤をまっすぐにしようとして足を組んでしまいます。それが足組みです。座ってとき足を組む人は必ず骨盤が歪んでいます。

⑤椅子に座って背筋を伸ばし、じぶんの膝頭を見たとき左右どちらかが前に出ている場合は、必ず骨盤が捻じれています。

⑥歩いているとスカートが回ってしまう。

などです。該当することがあれば間違いなく骨盤は歪んでいます。歪みを早く取る必要があります。どうやって骨盤の歪みを取ったらよいかわからない方は当研究所に御相談ください。

産後の骨盤修正は、すぐ結果が出ます

産後の骨盤修正はすぐ結果が出ます。というのも、まだ体はしっかりしていないので動きやすいからです。歪んでいれば簡単に修正できます。しかし体がしっかりしていない分、疲労がたまると歪みやすいことはあります。それでも当療法の施術を受けてもらえば体はスッキリします。スッキリした良い姿勢を維持してください。そうすると快適な生活が送れます。

 赤ちゃんの世話で大変だと思いますが、頑張ってください。体が辛くなったら当研究所に御相談ください。この前も産後1ヶ月という方がみえました。症状はその場で良くなって帰らえました。施術は超ソフトで心地よいので少し眠りかけたとその患者さんは言っていました。

症例1:半年前出産してから腰が痛くなった

<症状>

20代女性。半年前に出産してから腰が痛くなった。腰を反らすと痛い。腰を左に捻じると痛い。まっすぐに立っていても腰が重く感じる。骨盤が歪んでいるような感じがする。という症状で来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、骨盤及び腰椎がかなり捻じれていました。腰の周りの筋肉もかなり緊張していました。腰椎と骨盤の捻じれを取り、腰椎の椎間板を伸ばしたところ、通院2回で腰の痛みは無くなりました。

<施術者のコメント>

本人の話を色々聞いたところ、出産の時、結構時間が掛かったと言っていました。さらに出産後、赤ちゃんの世話で赤ちゃんを抱くとき「無理な体勢になることが多かった」と言っていました。赤ちゃんを抱きあげる時、どうしても体を無理な体勢から抱き上げることが多いので、体が捻じれる人が多いようです。

症例2:出産後立っていても腰が痛い

<症状>

30代女性。産後、立っていても腰が痛い。仰向けに寝ても腰が痛い。背中も常に張って動かすと痛みが出る。右腕の筋肉も凝っている。という症状で来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、腰の周りの筋肉はかなり張っていて、骨盤は見るからに歪んでいました。子供をよく抱くためか、腕の筋肉は結構凝っていました。施術後、その場で腰の痛みは、背中の痛みは無くなりました。「腕も楽になった」と本人は言っていました。

<施術者のコメント>

妊娠で、おなかが大きくなっていると体のバランスを取るために背中の筋肉は疲労します。出産時も、苦痛で体は疲労し体のバランスが崩れます。骨盤が歪んでも不思議ではありません。出産後、自然に痛みや体の歪みが良くなっていけば良いのですが、歪みや痛みの酷い人は、中々良くなっていきません。そんな時、骨盤及び体全体を正常にして体の症状を改善する必要があります。痛みを我慢していると、痛みが長引くばかりです。そんな時は当研究所に御相談ください。

症例3:赤ちゃんの世話で腰が痛い。膝も痛い。

<症状>

30代女性。数か月前に出産し、赤ちゃんの世話で赤ちゃんを抱きあげることが多い。そのせいか1か月前から腰が痛い。肩、膝、足首も痛くなってきた。さらに症状は酷くなり、今は赤ちゃんを抱かなくても、歩くだけで右足首が痛い。膝を曲げると膝が痛い。何もせず立っているだけでも腰が痛い。右肩も動かすと痛みがある。という症状で来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、かなり体幹が捻じれていて、普通の人が見ても、すぐに体幹が捻じれているのが分かる。腰の筋肉や足の筋肉は、かなり緊張していてところどころ筋肉は硬直していました。施術しだして通院4回で、肩の痛み、膝の痛みは無くなりました。他の症状も大分良くなりました。

<施術者のコメント>

毎日、赤ちゃんの世話をしていると、どうしても無理な体勢で赤ちゃんを抱いたり、寝不足になったりすることがあります。そうすると体に疲労が溜まり筋肉は緊張し、骨格が歪み体のバランスが崩れてきます。そしてあそこが痛い、ここが痛いと色々なところに症状が出てきます。体が痛くなったら早めに来てください。その場で体がスッキリするはずです。お母さんが疲れていたり、症状があると赤ちゃんまで影響を及ぼします。

症例4:仰向けに寝ると腰が痛い

<症状>

30代女性。1カ月前に出産した。仰向けに寝ると腰が痛い。昔から反り腰。足の指先が冷える。という症状で来所されました。

<検査・結果>

患者さんの体を検査したところ、本人の申告通り少し反り腰でした。骨盤は少し歪んで、足の筋肉は緊張していました。それから、以前ハイヒールを結構履いていたせいもあってか、足首がかなり絞れて筋肉が硬い状態になっていました。それらを修正していったところ、施術後、仰向けで寝ても腰の痛みは無くなりました。反り腰も大分良くなりました。本人は「腰が伸びた感じがする」と言っていました。足の冷えも少し良くなったそうです。

<施術者のコメント>

仰向けで寝ると腰が痛いのは、背骨がかなり捻じれているからです。その捻じれを取らないとその痛みは取れません。この患者さんのように昔から反り腰だった方は、なおさらそのようなことが言えます。それから体が捻じれていると冷え性になります。捻じれを取って血液循環を良くしてやると足の冷え性は無くなります。

以下のページもご覧ください

施術のご案内

当院の施術についてご説明します。お体に関するお悩みは何でもご相談ください。

アクセス・当院について

当院へのアクセスや概要についてご紹介しています。来院前の参考になさってください。

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分
御予約はお電話でお願いします

052-587-1817
営業時間
10:00~13:30/15:00~20:00
定休日
月曜日、木曜日

ご予約はこちら

まごころ自然整体研究所
名古屋駅から徒歩5分

御予約は電話でお願いします

052-587-1817

営業時間
10:00~13:30
15:00~20:00

メールでの御相談は24時間受け付けております。お気軽にご相談連絡ください。

受付時間

営業日
 
午前 × ×
午後 × ×
営業時間

10:00~13:30/15:00~20:00
御予約は電話でお願いします。メールでの御相談は24時間受け付けております。

定休日

月曜日、木曜日